美容皮膚科でVビームを使った治療ではどういった効果があるのか?

女性が綺麗になりたいのは年齢には関係ありません。
いろいろな施術方法が毎年のように開発されてきて、これまで諦めていたことができるようになっています。
そんな美の最前線が美容皮膚科です。
今回は【美容皮膚科でVビームを使った治療ではどういった効果があるのか?】をテーマにお話をしましょう。
■Vビーム治療器とは……
赤ら顔や赤あざの治療に効果がある器械です。
最新式のダイレーザーVビームを使います。
赤い色素に反応するという特徴を持っているVビーム。
この特徴を利用して赤い色素系の疾患を効果的に治療できます。
具体的には、赤ら顔・血管拡張・赤あざなのです。
Vビームは以前のダイレーザーと比較すると波長が少し長いのです。
そのためにお肌のより深い部分までレーザー光が浸透します。
これまでできなかったより深い部分の毛細血管を破壊できます。
心配する痛みもすくないです。
冷却装置が付いているので瞬間的に皮膚を保護します。
赤味やかさぶたなどのトラブルも少ないので安心です。
施術後はメークや洗顔もできるほどです。
また毛細血管拡張症・苺状血管腫・単純性血管腫などは健康保険が適用されます。
■Vビームの効果
1番目は<赤ら顔・赤あざのケア>です。
毛細血管の中のヘモグロビンが原因です。
この部分にだけ反応するVビームを照射して血管だけを破壊します。
2番目は、<お肌の張り・シワ・弛み対策>です。
Vビームは弱い出力レベルで照射します。
細胞を刺激することで真皮層のコラーゲンを活発化させます。
光老化してしまったお肌を身体の内部から綺麗にしてくれます。
「光老化」とは紫外線によってお肌がダメージを受けてシミ・シワ・弛みを引きおこすことです。
3番目は<イボ・血管腫・毛細血管拡張>に効果があることです。
これまで悩みの種であって治療方法がなかったものもVビームによってケアできます。
■まとめ
Vビームはこれら以外にも、目の周辺の小じわ・ケロイド・皮膚の張り・妊娠線・老人性のシミにも効果があります。

関連する記事