美容皮膚科で外科的手術をしないでフェイスラインをすっきりさせる「ダブロ」とは?

女性も三十路をすぎてくるとフェイスラインが気になってきます。
メスを使ったりせずに、悩んでいるシワや弛みを解消できればうれしいですね。
今回は【美容皮膚科で外科的手術をしないでフェイスラインをすっきりさせる「ダブロ」とは?】何かをテーマに解説してみましょう。
■美容皮膚科で出来るダブロは次のような悩みを持っている女性にお勧めできる治療
シワや弛みが気になるので解消したいとかフェイスリスト治療に興味はあっても外科的手術に躊躇する女性とか痛みとかダウンタイムのない治療を希望する人むけです。
ダウンタイムとは、施術を受けてから日常生活に戻れるまでの期間のことを言います。
■顔の筋肉から弛みを引き上げてでくる「ダブロ」
次世代型の若返り治療器として注目されています。
「リファーム」「タイタン」「サーマクール」は外科的手術することなしで引き締め効果がありました。
ですが、これらの治療は真皮層に働きかける特徴があったのです。
顔が弛んでくる本当の原因は表在性筋膜へ働きかける必要がありましたから、ベストのアプローチは外科的手術とされてきました。
ですが高密度焦点式超音波によって表在性筋膜に熱エネルギーを加える方法が開発されてきたのです。
筋肉から弛みを引き上げて解消するという画期的なものです。
■同じような仕組みで高密度焦点式超音波(HIFU)を利用する治療器に「ウルセラ」があります。
こちらのほうは効果はあるのですがデメリットもあり、それが大きな問題点でした。
痛みがとっても激しいのです。
痛みに耐えかねて治療を断念する人達が続出しました。
また治療費も高額でしたから気軽に試すこともできません。
■まとめ
ウルセラと比べてもダブロは効果は同等です。
そして、ウルセラのウイークポイントであった治療時の痛みはほぼ解消されました。
治療費もリーズナブルですから現実的な選択肢となったのです。
フェイスラインの弛みに悩んでいる女性は美容皮膚科に相談してみてはいかがですか?

関連する記事